食べ物と体臭

食べ物と体臭

食べ物と体臭

 

体臭は食品である程度改善できる

ワキガ、加齢臭、その他の体臭、などは体内物質がそのニオイの原因とされています。
もちろん体質的に体臭が出やすい人も多いのですが、
例えばワキガや加齢臭は肉類や脂質の多い食事を改善すると大幅に臭いが激減します。

 

肉食は便臭などからもわかるように、きつい臭いがしますが、野菜中心の食生活はそこまで臭いはありません。

また、「太った人は汗くさい」「汗かきは汗臭い」

 

というイメージがありますが、スポーツを普段からして汗をかいてる人は太っていても、汗かきでもそこまで汗臭くありません。
というのも汗そのものは本来無臭だからです。

 

しかし体内の物質が汗と同時に体外に出ることで体質によってヒドイ悪臭を放つ場合があります。
むしろ運動不足や不健康な人の方が体臭がきつい場合があります。

 

他の人と同じ食べ物を食べても体質などによってニオイの原因が発生しやすい人がいるので、この場合体をいくら洗っても体の中から出てくるので、いつまでも体臭が消えないのです。

 

そしてこの体臭の原因が腸内にあります。

 

肉類や脂質の多い食事は腸内で臭いやすい菌類を多く発生させたり、腸内に宿便をこびりつきやすくしてしまいます。
結果として体臭が血流にのって呼気や汗と一緒にでることで体臭のあの独特の臭いに変化してしまいます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ